Fuwa Fuwa Baloon land
ふわふわ風船ランド

アドバルーン

アドバルーンは、広告を意味する『ad』と、気球を指す『balloon』を組み合わせて作られた言葉です。係留された気球に宣伝用の文句を書いた布をロープで取り付けたもので、日本で考えられた広告方法です。1913年に広告気球として初めて登場しましたが、GHQにより、しばらく禁止されていた時代もありました。昭和30~40年代には大量に使われた宣伝方法でしたが、現在は建物の高さが高くなったため、アドバルーンを上げても目立たなく、あまり使われなくなってしまいました。それでもアドバルーンがあがっていると珍しく、何の広告なのか、どんな店があげているものなのか、ついつい見てしまいますので、宣伝効果としては、とても高いのではないでしょうか。


アドバルーンの歴史

アドバルーンは広告するものとして認識されていますが、1878年に陸軍士官学校が開校されたときに、初めて揚げられました。1890年に、現在の東京国立博物館である、東京上野帝国博物館の構内に、イギリス人のスペンサーという人物が、広場でお金をとり、風船のりの興行を行ったのが、一般人がアドバルーンを初めて目にしたときだと言われています。同じ年、河竹黙阿弥が浅草の凌雲閣が開業したときに、凌雲閣とアドバルーンを結びつけて、『風船乗評判高閣』と言う脚本を書いて、翌年の正月に上演しています。91年には観測用、偵察用として、陸軍省がフランスのヨオン社から輸入するようになってからも、主に軍事用に研究され、開発されていました。

アドバルーンを宣伝用として使おうと、風船の表面に文字や絵を描いたものを考案したのは、1903年、小栗栖香平という人物によってでした。そして、広告としてはじめて揚げられたのが、1913年、東京の日本橋に揚げられた、中山太陽堂の宣伝用のアドバルーンだったのです。

発展していくアドバルーン

風船に文字や絵を入れて宣伝用として揚げられたアドバルーンは、1915年には夜間用として、夜でも目立つイルミネーション入りのものが、1919年には変形型の気球が、1930年には風船の下にたらす、広告用の文字網が考え出されました。こうしたものを『アドバルーン』と呼ぶようになったのは、1934年頃ではないかと言われています。


アドバルーンの魅力

アドバルーンの魅力は、何と言っても目を引きますし、そのため宣伝効果が高いといえます。アドバルーンの下に行くと、何かがあると思わせてくれます。昔の最盛期に比べると、アドバルーンを使って広告することも10分の1以下に激減してしまっていますが、たまに見かけるとやはり目を引きます。現在では、昔からある丸いアドバルーンだけではなく、様々な形をしたアドバルーンもあり、アニメのキャラクターや、宣伝する企業の商品やロゴを模ったアドバルーンはとても目を引きますし、宣伝効果も高くなっているのではないでしょうか。

古いアニメでは、怪盗がアドバルーンに掴まって逃げて行くようなシーンもあり、夢や想像をふくらませる小道具の1つにもなっています。


屋内用バルーン

最近では屋内で使われるアドバルーンも登場しています。大型ショッピングセンターや屋内のイベント会場、ドーム球場でのイベント時などに使われるアドバルーンで、丸い形をしたものよりも、イベントのシンボルマークやロゴなどが使われることが多く、バルーンアートと共に楽しまれている1つでもあります。中には紐でつながれているものではなく、ラジコンなどのリモコンで空中を漂わせている気球のようなものもあり、子供だけではなく、大人の目も引くように演出されています。


 

ページの先頭へ
Copyright(c) 2010 ふわふわ風船ランド All Rights Reserved.