Fuwa Fuwa Baloon land
ふわふわ風船ランド

風船の誕生

誰かが手を離してしまい、空高く舞い上がってしまった風船。それを寂しい気持ちで見上げた記憶、ありませんか?色んな色や色んな形をした風船は、子供だけではなく、私たち大人をも楽しませてくれますね。


高級品だった風船

今では100円ショップで袋に沢山入れられて販売されている風船ですが、かつては高級品として扱われていた時代もありました。

遡ると、動物の胃や腸、膀胱を膨らませたものでしたが、現在の風船とは似ても似つかないものだったのでしょう。現在のような風船の誕生は、天然ゴムが使われるようになってからのことです。

日本では江戸末期の1857年に、イギリス人が大阪で風船を膨らませて見せたという記録が残っています。日本に風船が入ってきたのは明治維新以降のことです。今ではどこにでも売っている風船ですが、当時ではとても希少価値のある、高価なものとして、中々手に入らないものだったのです。

100%輸入品

風船をミシンの販売促進に使うため、明治20年頃に大量に輸入されました。高級品であまり普及していなかったミシンが、風船をつけるだけで面白いように売れたのです。

当時、風船はまだ珍しく、100%輸入に頼っている高級品でしたが、風船の販売促進効果は絶大なものがあったので、高級品とはいえ、販促品として使われていたのです。

それまでは、材料に何を使っているのか、どうやって作るのかなどの情報が全くなく、日本で風船を作ることが困難でした。


天然ゴムの風船

明治30年を過ぎた頃から、日本にも風船を作る工場ができ始めます。その当時の風船は、今の風船のように息を入れてふくらますには、かなり難しいくらいの硬いものだったのです。ガソリンでかたまりになっている生ゴムを溶かし、塩化硫黄を混ぜて過熱して、ゴムの弾力性を出して作る風船でした。

現在のようなラテックス製のゴム風船が作られるようになったのは、今から約70年ほど前のことです。アメリカの科学者が、ラテックスという水分を多く含んだ天然ゴムからゴム管の試作をしているときに、ちょっとした遊び心から、猫の形にボール紙を切り抜き、ラテックスにつけこみました。それが乾くと、ちゃんと猫の耳の形がついたゴム風船が出来上がりました。この猫の風船をたくさん作り、ボストンの愛国記念日に販売したと言われています。科学者が商売をしてしまうほど、ゴム風船の誕生は魅力的なものだったのです。 日本でラテックスのゴム風船が誕生したのがいつ頃なのか、残念ながらハッキリ分かっていませんが、昭和4年にゴム風船がはじめて輸入され、日本でもラテックス製のゴム風船の製造が、昭和10年頃に開始されたと言われています。戦前から始まり、第二次世界大戦があったので一時製造が中止されていました。昭和23年頃にゴム風船の製造が再び始まり、現在まで受け継がれています。


COLUMN~風船への憧れ

小さな子供にとって、風船はとても楽しくて魅力的なものにうつります。自分の口でふくらませる風船よりも、ヘリウムガスが注入されて、フワフワと浮かぶ風船は憧れでした。うっかり手を離してしまい、空高く舞い上がって行くのを見るのは、とても悲しい気持ちになったものです。いつまでもそのままフワフワ浮かんでいるものでもなく、時間がたつと浮力もなくなり、最後にはシワシワになってしぼんでしまいます。何かに引っ掛けて割ってしまうこともありました。それでも風船を見ると、欲しくて欲しくてたまらなく、親にねだって買ってもらったものです。いつまでもそのままの姿ではないことが、子供心にも儚く思え、見るたびに欲しがったのか……どんな気持ちで欲しがっていたのか今では思い出せませんが、子供は皆、風船が大好きなのです。


 

ページの先頭へ
Copyright(c) 2010 ふわふわ風船ランド All Rights Reserved.